日本手工芸は革新して腕時計上まで(に)移植します

日本は現代折り紙する芸術は“日本近代的な折り紙する父”吉沢章と誉められるを公認して、傾く一生力は平方寸間で、彼作品が正に日本国民を巻き起こしてあまねく詳細化を追って細いを彫って方面審美方向を磨くです。
折り紙して使った紙、規格もすこぶる重んじるがあります。
通常は辺長い15センチメートル正方形で、辺長さ5センチメートルもある、7.5センチメートル、24センチメートルおよび、35センチメートルなど多種規格。
色もいろいろで、両面カラーがあって、一様でない色濃淡があって、さらに増えて水しずくなど特殊な図案に入って、2等分するか4等分する表面がもあって、それぞれ色を等分しますと。
複雑な作品を折り畳みだして、まだ必要で自分で紙に対して加工します。
かつ作品長い時間が必ず形を維持することができるために柔らかいようなことはなくぺしゃんこになって、薄型日本紙背面で表装して金属箔を下に敷かなければなりません。
http://www.specae.com/?brand-33.html
フランス有名なブランド導くオーストリアは日本伝統折り紙する技術中から霊感を抽出して、そ時計GrandSoirシリーズ中で運用して、5つただ1つ時計、通し番号27から31までを出しました。
こ通し番号は28時計モデルで、本当力時製造するEliteチップを搭載して、白色真珠バイモ時計文字盤、緑色カルシウムアルミニウムザクロ石、ピンクシルクとエナメル腕時計バンド作る色組合せは春日息を満たして、三角形物は藍玉を切断して時計文字盤間に飾りを添えて上品な流行に見えます。
どこにもいなくないいくらは宝石を切断して、日本折り紙する芸術を貫徹して、こ腕時計にそれなに俗っぽくない風格に付いているがきらきら光って華美にならせます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です